注意点について

ウィンタースポーツが趣味だという人は、スキー・スノーボード保険へ加入していた方がお得になることがあります。万が一転倒したり、誰かと衝突して怪我をした場合、補償してもらえるからです。スキー・スノーボード保険は1年契約となる商品が多いので、毎年スキー場へ行くという人であれば、加入して損はありません。
ただし、加入するには注意すべきことがあります。それは、全ての事故やケガに対応しているわけではないということです。対象外となるケースがあるので、それを事前に確認した上で加入すべきなのです。
趣味としてではなく、業務でスキーやスノーボードをする場合は、加入できないことになっています。職業がインストラクターなどの場合、加入できる保険は限られてくると考えてください。


スキーやスノーボードの板・ストックなどの携行品をレンタルする人は多いです。レンタル品を失くした場合にも補償が受けられるかどうか、保険商品を確認する必要があります。借り物に関しても補償が受けられる場合は安心できますが、仮に補償されない場合は、自腹で賠償する可能性が高くなるので要注意です。
借り物以外にも、置忘れには注意が必要です。保険会社の多くは、被保険者の不注意による置き忘れたものに関する補償はしないとしています。

コメントは受け付けていません。