スキーとスノーボード、怪我が多いのはどっち?

損害保険の一つである、スキー・スノーボード保険の補償内容について紹介していきます。最近はウィンタースポーツを趣味としている人が増えています。楽しい遊びではありますが、転倒事故などが起きる可能性が高いのです。
そこで加入を検討したいのがスキー・スノーボード保険です。補償内容は、スキーやスノーボードをしている最中の事故の損害や、他人を傷つけた場合の補償、用具の破損・盗難などの補償があります。危険性の高いスポーツですので、あらかじめ保険へ入っていた方が、安心して遊ぶことができます。
スキーとスノーボードでは、どちらの方が危険性が高いのかを考えてみます。最近はスキーをする人の割合が減ってきているため、スノーボードをする人の事故の数が多くなっています。
スキーの場合は、膝や下半身を負傷する傾向が見られます。特に足首を痛めてしまう人が多いです。
スノーボードの場合は、上半身を負傷する人が多いです。肩や肘をはじめとして、頭部に怪我をしてしまう人も多く、大変危険なのです。


つまり、スノーボーダーは保険へ加入しておいた方がよいということです。負傷する可能性が高く、その箇所も頭部などの大事なところです。保険料もお手頃ですので、万が一のことを考えれば加入しておいて損はないです。

コメントは受け付けていません。