怪我の発生率って実際どのくらいなの?

スポーツをよくやる人などは、スポーツをしていて怪我をした時の場合に備えて、保険に入っておくのは必須です。事故を起こして入院になってしまうケースもあるのです。入院になってしまった場合でも、もしも入院保険などに入っており、入院給付金を支給されれば、入院にかかる費用を全額本人が負担しなくても、一部の割合の額を保健会社から払ってもらう事ができます。
冬にはスキーやスノーボードが人気となりますが、このようなスポーツでも、怪我やアクシデントは発生しやすいです。


一年を通して、運動をしていて事故に遭い、病院の診察や、医療保険からの給付を必要としてしまったケースは、全体で1.1%となっています。男女比率でいうと、女性の割合の方が若干多いようです。
事故が起きやすいスポーツには、フットボールやバスケット、野球やサッカーなどが挙げられます。
スケートやスキーなど、ウインタースポーツによるアクシデント発生率は意外と少ないようで、ランキングでも下の方にあります。といっても、やはりスポーツは危険がつきものです。
ウインタースポーツが初心者の方は、事故を起こさなくても、捻挫とか擦り傷とか、何かしらは起こってしまいがちです。
スポーツをやる前には、準備体操をしっかりやるというのも、非常に大切です。

コメントは受け付けていません。